釣三丸の釣り日誌



2019年
 
1月
 

04日 ゲスト二名と楽しい初釣りについての報告(前編) 中型2
04日 ゲスト二名と楽しい初釣りについての報告(後編) 良型1
07日 岩礁地帯は好調な釣果を与えてくれた(前編) 良型2、中型1
07日 岩礁地帯は好調な釣果を与えてくれた(後編) ヒラメ1
11日 ベタ凪低活性にてシチューの具材を確保した アオハタ1
12日 急きょやってきたゲストに好釣果のご褒美(前編) 大型1、中型1
12日 急きょやってきたゲストに好釣果のご褒美(後編) ブリ2
14日 荒れ気味の海にはドラマが待っていた(前編) 中型1
14日 荒れ気味の海にはドラマが待っていた(後編) 準大型1
24日 イワシの群れの下では魚たちが高活性(前編) 中型1
24日 イワシの群れの下では魚たちが高活性(後編) 中型3
27日 漁の日の短時間釣行にて準大ダイをキープ 中型1
29日 足腰と体幹強化という釣行で本命が掛かった 準大型1、中型1
30日 一月の最終出港日に何とか本命一尾で終了 中型1

2月

06日 四時間の空白ありスリルありの不思議な漁(1) 良型1
06日 四時間の空白ありスリルありの不思議な漁(2) 中型1
06日 四時間の空白ありスリルありの不思議な漁(3) ヒラゴ1
18日 待ち侘びた凪に厳寒期特有の食い渋り無し 中型1
25日 一週間のご無沙汰釣行は標準的な釣果だった 中型2
26日 2月初の連続釣行もまた標準的な釣果だった 中型2

3月

01日 大気汚染にもめげず五時間以上もがんばった 良型1
05日 大気汚染にもめげず四時間でマルチコンタクト 良型1 中型1
08日 低活性でも連続マルチコンタクトの本命だった 良型1 中型1
09日 連続マルチコンタクトが続いたゲスト釣行だった 大型1、中型3
18日 ふたたび大物がコンタクトしてくれた釣行だった 良型1
24日 鳥山とベイトの群れに多くの本命が集まっていた ヒラマサ1、中型5
25日 産卵地帯にて本命と青物が果敢にコンタクト 良型1、ブリ1

4月

03日 四月始めの漁は水温低下で食い渋りだった 中型1
12日 ひと流し二時間半の食い渋り釣行の結果は 準大型1、中型1
13日 浅場をメインに攻めて大物連発の好釣果 良型3
16日 いい日いい凪にて助手見習いが大活躍 良型1、中型3、ブリ1
18日 初乗船ゲストには本命が来なかったが・・・ 大型1、中型1
19日 助手の活躍に船長は指をくわえているだけ 大型1、中型1
28日 船長のリカバリーは驚きの大釣果だった 大型2、中型4

5月

02日 助手見習いが船酔いしつつ大型魚を掛けた 中型2、ブリ1
03日 遠方からのゲストはクーラー満タンの釣果 良型1型、中型4、ヒラゴ1
04日 防波堤仲良し家族へのお土産プレゼント釣行 中型2
16日 今日の釣果は神奈川へ届けられていった 良型2、中型1
17日 あっとおどろく助手の好釣果に船長たじたじ 大型1、良型1、中型2
18日 雨で途中リタイアとなるもなかなかの好釣果 大型1、中型1
22日 北西風が強い中で船長が十五分の奮闘 大型1
26日 南風が強い中で助手が三十分もの奮闘 大型1
29日 強烈で粘り強い引きにたじたじの船長 ブリ1、中型1
30日 五時間もリールを回していたら指がつった 中型1

6月

01日 月初めの釣行は食いが立っていたが大物なし 中型1
02日 ポイントを変えたら状況が一変して好釣果 中型2
03日 初っ端から二十分の激闘にはまいった ブリ1、中型1
04日 潮が動いた直後にタイミングよくコンタクトした 大型1
05日 潮が動く直前にタイミングよくコンタクトした 大型1、ヒラゴ1
06日 急に南風が強まって慌てて納竿帰港した 中型1
13日 船酔いにもめげず釣り上げたどでかいやつ 準超大型1
14日 ニアコンタクトがつづいてがっかり回数大 良型2
16日 酔っても酔ってもしっかり釣る人だあれ? 良型1
18日 ぱたぱたと釣れてのち天候悪化で短時間 中型2
19日 浅場で好条件となりお土産釣りに朗報となった 良型2、中型1、ヒラゴ1
20日 おみやげたっぷりの好調な釣りで満足だった 良型1、中型2
28日 大幅異動で潮が流れて一転好条件好釣果 大型1、良型1、中型1

7月

01日 ベイト以外は無関心でもたまにはいいことも 良型1
02日 スクール(魚群)周辺のポイントを狙ってみると 中型2
04日 長時間低活性のあと本命タイムがやって来た 良型1、中型1
05日 短時間釣行にてある魚の釣三丸新記録樹立 準良型1
15日 無理して出港して体幹トレーニングとなった日 良型1
16日 幸先は良かったが後が続かないというパターン 中型1
17日 お土産魚は何とか確保できたのはいいけれど 中型1
23日 巨エソのアタックを跳ね除けて満足の釣果 中型2、アオハタ1
26日 強風にもめげずせっせと糸巻いていい釣果音 ヒラマサ1
27日 強めの南風で難しい釣りになるも釣果音少々 中型1、アオハタ1
30日 いい風が吹いて涼しげな海面で聴いた釣果音 中型2尾
31日 猛暑とフグに悩まされながらも好釣果を得た 中型3、ヒラゴ1

8月

02日 酷暑の釣りは辛かったが好釣果を得て満足 中型3、ヒラゴ1
03日 厳暑釣行は四度のニアコンタクトで疲労大 中型1
08日 若夫婦ゲストのほぼ入れ食いタイム連続 大型1、中型1
09日 二日間本命ボウズのゲストに終盤いい引き 良型1、中型2
11日 暑さにもめげず少年ゲストが活躍した 良型1、ヒラゴ1
12日 微風猛暑で低活性のなか船長が活躍 良型1、オオモンハタ1

釣り日誌アーカイブ 2018
 
釣り日誌アーカイブ 2017






inserted by FC2 system